カテゴリ:Movie・Book( 20 )
色彩を持たない多崎つくると、 彼の巡礼の年
村上春樹の新刊を読みました。
f0123673_17511465.jpg

発売日に書店でみかけて買っちゃいました。
普段流行りものにはあまり手をださないけど、ハルキは気になって。
2〜3日で読みました。

実は最初タイトルも文章の出だしにもあまり心惹かれなかったのだけれど、
読んでみたら、おもしろかった。

もっと暗いディープな別世界にまたつれていかれるのかと思ったけど、
意外にも普通でリアルな印象。
読後はめずらしくさわやかだった。あくまでわたしの個人的感想ですが。
村上ワールドにはまるとだいたい読後は、
ずっしりと重いなんともいえない気持ちになっていたのですが・・・。

でもやっぱり村上春樹らしい作品で、「ノルウェイの森」っぽい感じも。
「もちろん」っていうところも。
[PR]
by y-cafe | 2013-04-18 19:44 | Movie・Book
映画「転々」
日曜日の夜にうちでみた映画。
f0123673_15462081.jpg

「転々」
先日、TSUTAYAでレンタルしたもの。

毎月1本旧作レンタル無料クーポンを使って。

とってもおもしろかった。
笑えます。でもこころあたたまる話でもあり、切なかったり。
オダギリジョー、こういう役ぴったり。
[PR]
by y-cafe | 2012-06-07 16:13 | Movie・Book
映画「happy - しあわせを探すあなたへ」
f0123673_1921113.jpg

「happy - しあわせを探すあなたへ」というドキュメンタリー映画

オットがぜひみたいと言ったので、
おもしろそうだねって、
日曜日の朝、渋谷へ二人で映画をみにいった。

「幸せ」とは何かについて、考えさせられる映画でした(^_^)
[PR]
by y-cafe | 2012-06-03 23:30 | Movie・Book
映画「僕等がいた 後篇」
映画「僕等がいた 後篇」をみてきました。
f0123673_14281230.jpg

先月前篇をみてから楽しみにしていた映画。
すごくよかった〜。

前篇は胸きゅんものでしたが、
後篇は切ない物語で、涙涙でみました。

Mr.Childrenの「pieces」も映画にぴったりでよかった。

矢野役の生田くんかっこよかったわ。
今までそれほど好きではなかったんだけど。

映画みたあとで、オットとランチしながら、
映画よかったよね〜、またみたいくらいだよね〜などと
ランチビール飲みながら語りあったのでした。

オットはその後、しばらくして仕事にでかけました。
明日も1日仕事とのことお疲れさまです。
[PR]
by y-cafe | 2012-04-21 15:19 | Movie・Book
映画「僕等がいた 前篇」
f0123673_16514459.jpg

映画「僕等がいた 前篇」をみてきました。

大好きなMr.Childrenの曲が
主題歌「祈り~ 涙の軌道」なので・・・。

きっかけはミスチルですが、
映画とってもよかった!
純愛もので、まっすぐでピュアな感じで・・・。
久々に胸がキュンとするいい映画でした。
吉高由里子さんがカワイイ。

来月は後篇が公開なので、続きもまた見に行くつもりです。
最後の後篇の予告で、少しだけミスチルの新曲も聴けました。
[PR]
by y-cafe | 2012-03-18 17:51 | Movie・Book
最近買った本
f0123673_0341121.jpg


『もう、家に帰ろう2』

『あゆみごと。』

田辺あゆみさんの本、2冊。

「もう、家に帰ろう2」は、藤代冥砂さん撮影の写真集。
本のオビは、前回に引き続き、Mr.Childrenの桜井さんのコメント。
[PR]
by y-cafe | 2011-07-15 23:31 | Movie・Book
抱擁、あるいはライスには塩を
f0123673_15351348.jpg

江國香織さんの「抱擁、あるいはライスには塩を」を読みました。

図書館で新刊を予約していて、順番がまわってきたので・・・。

久しぶりに、江國香織さんの小説を読みました。
この作品、よかったなぁ、おもしろかった。

昔は彼女の本をよく読んでいたのだけれど、
しばらく遠ざかってました。

彼女の女性らしい繊細で美しい透明感のあるような表現が好きで・・・。
私は江國さんのエッセイも好きだったなぁ・・・。

久しぶりの江國ワールド、たのしめました。よかったです^^
[PR]
by y-cafe | 2011-01-29 15:34 | Movie・Book
ノルウェイの森
映画「ノルウェイの森」を観てきました。
レディースデイにおひとりさまで^^
f0123673_1412412.jpg


映画化されても、わたしの中の小説のイメージと
大きくかけ離れていなかったので、よかった。
昔読んだ原作の「ノルウェイの森」の小説を思い出しながら観た。
松山ケンイチはワタナベくんにぴったりだった。

映画を観て、小説をもういちど読みたくなった。

村上春樹の「ノルウェイの森」は、
まだ10代後半だった頃読んだ本。

赤と緑の装丁と、100パーセントの恋愛小説って
本のオビに書いてあった言葉が印象的だった。
読み終わったあと、それまでに本を読んで感じたことのなかった
ずっしりと重くなるような不思議な感覚があったのを覚えている。

原作では、37歳の僕(ワタナベくん)が19歳の頃を振り返るところ
から始まるのですが、本を最初に読んだ頃には、
若い頃のワタナベくんの歳に近かった私も、いつのまにか
振り返るほうのワタナベくんと同世代になっていたのね。

昔の本って、だいぶ処分してしまったけど、この小説はなぜか
まだ当時のまま手元に残っている。
f0123673_1412671.jpg

もうずいぶん読んでいないけど、また読み返してみようかな。
[PR]
by y-cafe | 2010-12-22 22:40 | Movie・Book
飯島風
最近買ってよかった本。
「飯島風」
f0123673_21134515.jpg

フードスタイリスト飯島奈美さんの本。
映画「かもめ食堂」、「めがね」、「プール」、「マザーウォーター」の料理写真とレシピ、
奈美さんの料理にまつるわるエッセイが掲載されている。
眺めているだけで幸せな気分に・・・。
映画のシーンを思い出したり・・・。
エッセイからは、奈美さんの料理に対する愛情や真剣さが伝わってきます。
ほとんど、ごく普通の家庭料理なんですけど、
すごくおいしそうで、輝いてみえます^^
[PR]
by y-cafe | 2010-11-15 21:24 | Movie・Book
映画「マザーウォーター」
観てきました。映画「マザーウォーター」。
台風接近中ですが、本日公開初日、朝いちばんで。

f0123673_16253765.jpg


「かもめ食堂」「めがね」「プール」を作ってきたプロジェクトの新作。
キャストは、小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、
永山絢斗、光石研、もたいまさこ さん等。
ロケ地は京都。
エンディングテーマは大貫妙子さん。

このシリーズの映画、どんどんゆるさが増していくようで、今回もかなーりゆるいです。
何か刺激や強いメッセージ性を求めて、みてはいけない映画です。

でも今回の「マザーウォーター」、わたしは好きです^^
水の流れを感じる映画で、
映像とそこに漂う空気感が
ごくごく普通のありふれた日常なのですが、
心地よくステキなのです。

お料理がおいしそう!
インテリアや雑貨がステキ!
登場人物の佇まいがステキ。

センスがいいんだけど、
すごく自然体な雰囲気をかもしだしていて、
心地よい感じで・・・。

よい映画でした☆
[PR]
by y-cafe | 2010-10-30 16:32 | Movie・Book